東洋酵素化学株式会社 > アスタキサンチン

「アスタキサンチン」とは?

bioastin
アスタキサンチンとは、サケ・エビ・カニ・緑藻など主に海洋生物に多く含まれている赤い色素で、
トマトのリコピンやニンジンのβカロテンなどと同じカロテノイドの仲間です。

サケの切り身が赤いのは、アスタキサンチンを多く含むオキアミを餌にして取り入れて、ストレスを受ける筋肉に貯めているため。
サケは産卵のためにあの激流に逆らって、1日におよそ10数kmもの距離を紫外線を浴びながら遡上します。
そして、過酷な運動に耐えたのち、なお一度に3,000~4,000個の卵を産み落とすと言われています。

サケの身体・筋肉は激しい運動や紫外線によって、強度なストレスに晒されます。
ところが、サケの耐久力は私たちの想像を遥かに越えています。
サケの筋肉内には活性酸素によるダメージを素早く回復する、つまり酸素を有効に効率的に利用する仕組みが体内で働いている・・・
その要因はアスタキサンチンにあると言われています。
アスタキサンチンは強力な抗酸化力を持ち、天然の食品成分や化粧品の原料として使われています。

身近にあるアスタキサンチン

アスタキサンチンは私たちの生活の中に身近に目にすることができます。
サケの筋肉、サーモンピンクやエビの甲殻に見られる赤い色素がアスタキサンチンそのものです。
しかしサケやエビは自らの体内でアスタキサンチンを合成することはできません。
魚介類においては主に藻やプランクトンが造るアスタキサンチンを食餌することによって、
体内に蓄積され身が赤くなるのです。

エビ、カニの甲殻類においては、しばしばアスタキサンチンはタンパクと結合して存在するため、
通常は黒ずんで見えますが一旦加熱するとタンパクは変性し、アスタキサンチン本来の色が現れます。
また逆に、マグロのように赤味の魚が加熱により白っぽく変化する場合がありますが、
これはミオグロビンと呼ばれるヘモグロビンと類似した、酸素を貯蔵するヘムタンパクです。
自然界に広がるアスタキサンチンを含む生物とその含有量
含有量(mg/kg)
Sockeye Salmom 30~58
Coho Salmom 9~28
Pink Salmom 3~7
Chum Salmom 1~8
Chinook King Salmom 1~22
Atlantic Salmom 5~7
ファフィア酵母 2000~8000
ヘマトコッカス藻 10000~25000
釜揚げ桜えび 1.47
くるまえび 28
甘えび 400
その他:イクラ、スジコ、エビ、ザリガニ、オキアミ、タイ、キンメダイ、サケ、マス、金魚、ニシキゴイ、ラビンチュラ(海洋性真核微生物)
静岡県環境科学研究所調べ